フリーランスエンジニアにはらむデメリット

「フリーランス IT系」でネット検索をすると、実際に仕事を仲介してくれる登録サイトを目にすることになります。この仲介サイトを利用すれば、仕事を得ることが可能です。フリーランスのエンジニアとして、活動をはじめることができるでしょう。
一方で、仲介サイトの案件の多くは、単発の仕事で終わってしまうのがデメリットです。サイトを通じて出会ったクライアントに仕事ぶりを認められ、仕事を継続して依頼されることになれば、固定の仕事が入り続けるので軌道に乗せることができます。しかし、大半がその場限りの仕事で終わるため、案件が不足していると自身の収入もなくなってしまうのです。このような事態を避けるため、自分がフリーランスエンジニアになる前に、働いている職場での取引先とうまくコミュニケーションをとっておきましょう。退職後も仕事を継続してもらえるような人脈を作っておくことが求めらます。
フリーランスエンジニアは、自分のライフスタイルを尊重して仕事に取り組めます。会社勤めでは、自分のライフスタイルを尊重することはできません。しかし、これはあくまで「フリーランスで生活していくのに十分な収入を得ることが可能であれば」の話です。当然、家族がいれば、それだけ1ヶ月に必要な収入も変わってきます。そのようなことから、見切り発車でフリーランスエンジニアになるのは非常に危険です。
自分が月額でどれだけの仕事および収入を得ることができるのか・そしてその仕事はその後も継続して受注できるものなのかという2点を、常に意識して計画を立てましょう。フリーランスエンジニアには、メリットもデメリットもあるというのを忘れてはいけません。